スズキ・メソードとは?

言葉を身につけるように

赤ちゃんが、お父さんやお母さんの話す言葉を毎日繰り返し聞いているうちに、いつのまにか自然に覚えて、話せるようになっていることに!

これがスズキ・メソードの創始者・鈴木鎮一の『耳から育てる「母語教育法」』の基となりました。

今では、この教育法は、世界46ヵ国に広がり、音楽だけでなくいろいろな分野に生かされています。

一つ、二つ、三つ…”つ”の付く年齢が始めどき

“つ”の付く時期の子どもの脳は柔らかく、何でも吸収していきます。人格や個性もほとんどこの時期に確立します。

ですから乳幼児期の子どもは良い環境の中で育てることを、一番に考えましょう。

生まれたときから芸術的にすばらしい音楽を、たくさん聴くことをスズキ・メソードでは大切にしています。

良い音楽を何度も何度も繰り返し耳にするうちに、自然に音楽的センスがどの子にも育ちます。

親子でともに

教育において親が果たす役割は大きく、スズキ・メソードは半世紀以上にわたって親とともに取り組んできました。

幼いころから常に良い演奏を聴き、繰り返し練習することで、自然と楽器に親しみ、やがて誰もが弾けるようになります。

音楽を入り口に明日に羽ばたく文化人、世界人に育つこと、それがスズキ・メソードの願いです。

ページ上部へ戻る