第35回 BIRKE KONZERTが開催されました。

晴天の5月1日は、毎年このゴールデンウィークに開かれ、今年で35回目の「BIRKE KONZERT」。

松井宏中先生の時代から続いている卒業生をお祝いする会のコンサートで、俳句・キラキラ星から
各科の卒業生徒はグループの演奏をし、卒業証書とご褒美のメダルや盾を先生から授与されて
いきます。

才能教育課程のモーツァルトを卒業した生徒と卒業課程の最後のメルデルスゾーンの生徒は
コンサートではソロの演奏ができます。

received_10208877904089920

表彰式ではお母様も壇上に上がって頂いて、子供から花束と感謝の言葉を貰います。

そしてお母様からも労いの一言を。

涙ぐんでいる親子もいらして、こちらも目頭が熱くもらい泣きしてしまう場面もありました。

それくらいに長く続けるということ、十巻まで到達するということは意義深いものだと
改めて感じました。

ススキメソード創始者の鈴木先生の作られた、この意欲造り卒業制度は、初歩から研究科まで
其々に悲喜こもごもの歴史があり、家族の思い出となり、その子の人生の一場面場面になって
血や肉となっていらっしゃることを今年のコンサートからもひしひしと感じました。

皆がそこまでの努力と工夫の集大成を発表し各々に光輝いていましたるんるん (音符)

有り難いお仕事をさせて頂いております。感謝です。ぴかぴか (新しい)

関連記事

ページ上部へ戻る